扉式電気炉 TY-SDシリーズ

前扉を開閉することにより前方からの窯詰めとなるため、身を屈める事なく大きな作品の出し入れも楽に行えます。

炉壁は180mmの耐火断熱レンガと6mmのシリカボードで計186mm、天井はアーチレンガとセラミックファイバーの計205mmで断熱します。

扉はベアリングを使った直径60mmのパイプに強固に溶接されていますので、長年のご使用でも扉が傾く事はありません。

天井部には蒸気を抜く穴と蓋があります。蓋の開閉は側面のチェーンを上げ下げして行いますので、焼成中に扉を開ける必要はありません。

1300℃焼成可能
炉壁の厚み
耐火断熱レンガ180mm+シリカボード6mm=186mm
蒸気抜き蓋
焼成中、粘土や釉薬から出る蒸気を天井から放出します。
TY-20SD 炉内
扉式電気炉TY-20SD 酸化焼成用
TY-25SD
扉式電気炉TY-25SD 酸化焼成用
TY-25SD 炉内
扉式電気炉TY-25SD 酸化焼成用
もっと見る

​​酸化焼成用と酸化・還元両用をお選び頂けます。

窯の設置場所に合わせ、蝶番の左右はどちら側でも製作いたします。

蝶番側が配線接続部になり、反対側が還元バーナー口となります。

間口が狭い場合、扉を分離して搬入する事も可能です。

​完成品の搬入が困難な時は現場築炉いたします。

仕様表

※​内寸高さにアーチ部分は含みません。

割引してお見積りいたします。

東京都練馬区西大泉1-36-10



info@tokyotougei.co.jp

 

​TEL : 03-3922-6371
FAX : 03-3922-0105

​月曜~金曜  9:00-17:30