SY-8 オプション塗装.jpg
​強還元電気炉 SYシリーズ
実用新案

電気窯には熱源となるヒーター(電熱線)が取付けられています。取付方法としては炉壁に波形ヒーターを固定する、もしくはレンガの溝にコイル状にして配置する、のどちらかです。

いずれにせよ、一般的にヒーターは露出しています。

還元焼成においてバーナーの空気調整を絞り過ぎた場合など、操作を誤ると濃度の高い炭素が発生し、露出したヒーターを溶断させる問題がありました。(炭素がヒーターのアルミナ皮膜を侵食する為)

この電気炉はアルミナ製のパイプにヒーターを封入する事によって炭素付着を防ぎ、ヒーターの断線を心配する事なく還元がかけられます。バーナー操作に神経を使う事はありません。

アルミナパイプは絶縁性も高い為、万が一の感電も防げます。また、ヒーターに有害となる燃焼ガスにも有効ですので、加熱炉としてもお使い頂けます。

 
炉壁厚
151mm
 
最高使用温度
​1300℃

仕様表

SY-8
SY-8-炉内
内寸:W500×D500×H500mm
SY-13
内寸:W600×D600×H600mm
オプション木炭投入口
床下に木炭燃焼室を追加。
木炭だけでなく、ガスバーナーでの還元焼成も行えます。
SY-15-炉内
内寸:W850×D600×H600mm
SY-15
内寸:W850×D600×H600mm
もっと見る

​炉壁はアルミナファイバーボード、耐火断熱レンガ、シリカボードの3層構造。

他の機種と比べても温度ムラはありません。

ヒーターを炉壁に直接固定しない為、壁面が傷みません。

​設置場所の広さや使い勝手を考慮し、還元バーナー口は左右どちら側でも製作いたします。

焼成を重ねる事によってヒーターは劣化します。これは還元焼成に関係なく起こります。

​御見積りいたします。

東京都練馬区西大泉1-36-10



info@tokyotougei.co.jp

 

​TEL : 03-3922-6371
FAX : 03-3922-0105

​月曜~金曜  9:00-17:30