真空ポンプとモーター


横浜市の慶應義塾高等学校さま。

美術室にある真空土練機VM-1が真空スイッチを押すとブレーカーが落ちる。という不具合。

メーカーの林田鉄工さんに聴くと、ベルトを外して動かしてみてって事でした。

つまり負荷のない状態でモーターを回して、ブレーカーが落ちなければ真空ポンプ側の問題。




モーターだけなら問題なく回ったので真空ポンプの故障と判明。

ただ、今回はご使用年数も考慮して両方とも交換する事になっています。




モーターを外したら真空ポンプの取外し。

ホースや配管は割りとすんなり外れた。外れなかったら嫌だなと思ってたモーターのプーリーも。




新しい真空ポンプ。土練機側にはネジが切ってあってボルトで締めるだけ。

の筈が取付け穴の位置が微妙に違うので1本しか合わない。

土練機の穴をドリルで拡大してボルトとナットで固定。に変更しました。




真空オイルを入れてスイッチON

回転方向よし! 先生にご確認頂いて真空もよし!