電気窯の安全装置付


練馬区立の小学校で老朽化した電気窯の入替えです。

既存の15キロワット上蓋式、先ずはこれを撤去

他社の窯を運ぶとよく感じるのが「やたら軽い」事。この窯もそう。

うちの10キロワットと同じ位かも。運ぶの楽です。

ハンドリフターを何度も切り返して、ようやく所定の位置に据付け。

今回の上蓋式TY-15は標準品と異なります。

パッと見、いつもと同じ炉内ですが、白い壁面はアルミナファイバーボード。

その外側に耐火断熱レンガ。さらにその外側に耐火ボード。

ボードを内壁に張ると熱効率が良くなるので、窯の消費電力も本来の15kWから

14kWに抑える事ができます。

消費電力を抑えたのも訳があって、

本来、三相15kWの窯には60アンペアのブレーカーが必要なのに、

既存のブレーカーは50アンペアしかないから、です。

ヒーターは劣化すると電流値が増加するので、8~10アンペア位ゆとりが欲しい。

で、上の画像が実際の電流値。いい感じ

標準品と異なる仕様がもうひとつ。

震度5相当の揺れが発生すると、自動で焼成を停止する感震装置が付いています。

#小学校電気窯

東京都練馬区西大泉1-36-10



info@tokyotougei.co.jp

 

​TEL : 03-3922-6371
FAX : 03-3922-0105

​月曜~金曜  9:00-17:30