上蓋の補修

2016-9-26

千葉県船橋市の公民館さま。16年経過の両開き式TY-20W、
まだそんなに古くはないけど上蓋がけっこうサビサビ。
焼成時の蒸気抜きが足りなかったり、さらに部屋の換気量が少ないとこうなりがちです。

 

 

蒸気を抜く穴に付いているセラミックの輪っか「スリーブ」も腐食でボロボロ。
ここの構造はうちの窯の利点であり、欠点でもあります。
※写真はスリーブが簡単に外れてしまったところ

 

 

クズを取り除いたところ。
部分的に欠けて、これだと接着面が足りないので、、、

 

 

セラミックファイバーを接着しながら詰込んで土台を均します。

 

 

スリーブ交換、サビ落とし塗装後

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

東京都練馬区西大泉1-36-10



info@tokyotougei.co.jp

 

​TEL : 03-3922-6371
FAX : 03-3922-0105

​月曜~金曜  9:00-17:30