TY-10 小学校へ


都内の新築小学校へ上蓋式電気炉TY-10を納品します。




エレベーターで4階の陶芸窯室へ。

花粉症なのでマスク。




陶芸窯室の壁には既に配線がされています。

事前打合せでは空配管だけお願いしたのですが、親切に電線も通してくれてました。

ただ、補償導線(温度センサとコントローラーを繋ぐケーブル)が必要なので、

通線ワイヤーを管に入れて1本追加します。


配線は壁の中を通って、左壁の巾木部分から出てきます。

焼成装置と窯との配線を隠すために。




それに合わせ、今回は盤屋さんにお願いして焼成装置の中心にΦ50の穴を開けてもらってます。

部品の配置もいつもと異なり、端子台も上下逆さま。




設置完了後。