窯の移動


作家様の工房移転に伴い、新宿区から東大和市へ窯を移設。

ただ、こちらの都合で新宿区からの搬出には出向けなかった為、

運送会社さんにうちの工場まで運んでもらいました。

なので、実際には窯場が出来てからの搬入だけです。

左側のフェンスを工務店さんに外してもらい、そこから運び込みます。

ここまでトラックが入って来れないので、かなり手前で降ろして引っ張って来ました。

窯の重量1t。アスファルトの凸凹でもハンドリフターは進まないので青ベニ敷いてます。

思ってたよりタイトな搬入だった!

28年前の上蓋式TY-20-1は炉床のレンガが違うので今の物より重いです。

日を変えてTY-4.5の搬入。

こっちは軽くてキャスター付なので簡単です。

今年最初の日焼けした。

昔のサイリスは大きく重いので、焼成装置自体もデカイです。

物置の壁では耐えられそうにないので架台を用意しました。

焼成装置は切替えで電気炉交互使用です。