上蓋パッキンの交換

2018-9-06

自社の窯なのに初めて見ましたレンガ製の蓋、しかもコイルヒーター。よその窯みたい。

恐らく、当時の入札の仕様に沿ったのだと思います。

 

教材店様からのご依頼でやって来た、品川区の小学校2階図工準備室。

1990年の納入以来はじめての修理です。

パッキン交換材料一式を持って来たのに、下地がレンガだと接着剤が違うではないか。

また車に戻らないと

 

 

階段を登って学校を出て、坂を下って商店街を左に曲がるとコインパーキング。

校舎内も階段があるので台車から材料を降ろしたり積んだり、登ったり降りたり。

作業そのものよりこっちの方が疲れる。

 

 

パッキンを剥がして錆びをゴシゴシ

 

 

ファイバーをカット

 

 

無機接着剤(この缶が重い)を塗って貼り付け、ピンを打込めば完了です。

ファイバー同士が接する部分はファイバー用の接着剤を使います。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

電動ろくろ、土練機、ポットミルなど窯業機械の販売
粘土、釉薬、成形小道具、石膏型など陶芸器材の販売

東京都練馬区西大泉1-36-10



info@tokyotougei.co.jp

 

​TEL : 03-3922-6371
FAX : 03-3922-0105

​月曜~金曜  9:00-17:30