窯の解体撤去、現場築炉

2018-5-31

千葉県松戸市の福祉施設2階テラスにある上蓋式電気炉TY-20-2。

1990年製で、老朽化に伴い新規入れ替えを行います。

ちなみに焼成装置は何故か他社製の物が取り付けられてます。

 

 

こちらの建物にはエレベーターがないので、そのまま入れ替える訳にもいかず。

先ずは解体撤去。

 

 

窯場がスッキリしたら、新規電気炉の炉材をちょっとずつ荷揚げします。

ちょっとずつでも靴を履き替えて建物内を手運びするよりは全然らくちん

 

 

レンガの次は窯の扉

 

 

2分割した窯本体も含め、全て吊り揚げ完了!

 

 

トラックの荷台が空っぽになったところで解体炉材の荷降ろし。

 

 

下で待機してる2人がレンガをトラックに積み替えて戻って来るまでの間が体力回復時間。

腰が痛くなってきたのにすぐ戻ってきやがる...。

 

 

ケーシングも

 

 

炉材の搬出入に1日費やしたしたので、レンガ積みは2日目から。

 

 

そして最終日の4日目に完成です。

少し窯を小さくしたいとのご希望で、両開き式TY-13Wになりました。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

電動ろくろ、土練機、ポットミルなど窯業機械の販売
粘土、釉薬、成形小道具、石膏型など陶芸器材の販売

東京都練馬区西大泉1-36-10



info@tokyotougei.co.jp

 

​TEL : 03-3922-6371
FAX : 03-3922-0105

​月曜~金曜  9:00-17:30