小学校の電気窯

2016-12-06

西東京市の小学校で窯の入替え。

小屋の中で回転出来ないから押し込んで設置します。

 

 

こっちが先に撤去した古い窯。

土台が小さくて、窯がはみ出てます。はみ出た分はコンクリート板で補うという、、、

今回は入札案件なので、この状態のまま置かなければなりません!

 

 

据付け後。

 

 

入札の仕様書に合わせて製作した扉式電気炉TY-15SD。

標準品と違い、炉内寸法は幅700×奥行550×高さ780ミリにしてあります。

 

空焚き(初期加熱)が終わったら、土台の方だけアンカーボルトで固定します。

何故いま固定しないかと言うと、レンガに含まれる水分が原因で漏電するので、

固定しちゃうと、地面を伝って漏電ブレーカーが作動しちゃうから。

 

 

これも仕様書に合わせたプログラム焼成装置。

16パターン・16ステップのプログラムコントローラーに変更し、

周囲の温度が異常に上昇したら停止させる、温度調節計を追加してあります。

 

 

小学校から会社まで凄く近いので、一旦帰って遅めの昼食をとったら、

15:00の納品検査に戻ります。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

電動ろくろ、土練機、ポットミルなど窯業機械の販売
粘土、釉薬、成形小道具、石膏型など陶芸器材の販売

東京都練馬区西大泉1-36-10



info@tokyotougei.co.jp

 

​TEL : 03-3922-6371
FAX : 03-3922-0105

​月曜~金曜  9:00-17:30